ビットコインの使い方

ビットコインを安全に管理・運用するウォレットサービスについて

ビットコインを安全に管理・運用するウォレットサービスについて

ビットコインを運用する時には、その管理方法まで気を配る必要があります。 なぜならば、ビットコインは実体のないインターネット状にのみ存在する通貨であるために、ハッキングに狙われやすいからです。 ビットコインを取引する「仮想通貨取引所」内でもビットコインを保管することはできるのですが、取引所には多くの利用者が集まり多額の仮想通貨が動いているということでハッキング被害に狙われやすいというのが現状です。実際にハッキングされ、仮想通貨が流出したという例もあります。 大切な資産であるビットコインを守るため、専用の「ウォレットサービス」を使っていきましょう。 ビットコインのウォレットとは ビットコインのウォレットとは、ビットコインを保管・管理するためのサービスです。 ウォレットは大きくわけると以下の4つに分類することができます。 [1]ローカルウォレット ローカルウォレットとは、自分のパソコンやスマホにインストールしてビットコインを保管・管理するウォレットです。 ローカル(=インターネットに繋がない)で管理するため、セキュリティに優れています。 しかし、パソコンやスマホが故障したり、ウイルスが感染したりすると取り出せなくなるというリスクもあるので長期の保管や大金の管理には不向きといえるでしょう。 [2]ウェブウォレット ウェブウォレットは、インターネット上でビットコインを保管・管理するウォレットです。 インターネットが繋がるならどこでも管理できるので、利便性に優れています。 しかし、インターネット上にあるということはハッキングリスクがあるということなので、大金を管理する際は不向きといえます。 [3]ペーパーウォレット ペーパーウォレットは、紙にビットコインアドレスや秘密鍵といった情報を印刷し、ビットコインを保管・管理するウォレットです。 簡単にいってしまえば「紙にメモをとっておく」ということであり、かなりアナログな方法といえるのですが、インターネットから完全に遮断されていますのでセキュリティ上はもっとも安全と言われています。ただし、頻繁なお金の出し入れには不向きです。 [4]ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットは、USB型の専用の端末にビットコインを保管・管理するウォレットです。 オフラインで管理できるのでセキュリティ性が高く、なおかつパソコンに接続することでオンラインでの管理もできるということでメリットは多いのですが、専用端末が高額であり、さらには端末が故障するリスクもあります。 自分に合ったウォレットでビットコインを安全に管理しよう ウェブ上にのみ存在するビットコインは、便利な存在ですが同時にセキュリティをしっかりしなければハッキングによって流出してしまうというリスクがあります。ビットコインを安全に保管・管理するためには、ウォレットサービスの利用が必須です。 今回はさまざまなウォレットを紹介しましたが、ウォレットによってメリット・デメリットは大きく異なりますので、自分のビットコインの取引頻度、取り扱っている金額などを踏まえて最適なウォレットを選びましょう。


ビットコインの使い方

オンラインカジノでもビットコインが使える!

casino

近年日本でも話題となっているカジノ。 インターネットで楽しめるギャンブルとして「オンラインカジノ」が、いま日本でも人気となっているのはご存知でしょうか? ネット上で入出金の決済を行うオンラインカジノと、ネット決済が得意なビットコインは非常に相性がよく、現在大手オンラインカジノを始めとした人気のカジノサイトがビットコイン決済の対応を始めています。 ここでは、オンラインカジノでビットコインを使うことのメリット等を紹介しています。 オンラインカジノでビットコインが使えるとどんなメリットがある? オンラインカジノはインターネット上のギャンブルであり、日本からプレイしている場合は、向こうの通貨に合わせる必要があるため換金や入出金の手間があります。 ビットコインなら、世界共通で同じ単位を使用していて、換金の手間がなく最低限の手数料のみで入出金が完了するため、オンラインカジノとの相性がいいとされています。 現在、多くの大手オンラインカジノサイトでも、ビットコインの導入が始まっており、 入出金をビットコインだけに絞った、専門のオンラインカジノも近年オープンしました。 換金の必要がなく、最低限の手数料で済むからオトク! ビットコインをオンラインカジノで利用する利点は、換金や入出金の手数料が従来のサービスよりも安く済ませることができるからです。 主に日本からオンラインカジノをプレイする場合は、海外通貨を利用するため入出金ともに換金の手数料が必要です。更に国際送金の手数料もかかります。 オンラインカジノの入出金がビットコインでできれば、換金の必要が無いのでここで大きく手数料を減らすことができます。更に従来の方法よりも、送金にも時間がかかりません。 ビットコインを直接ベットできるのか、チップ購入の手段なのかは確認! ビットコインに対応しているオンラインカジノサイトは増えているものの、まだ完全に対応できているサイトは、そこまで多くありません。 更にビットコインを直接ベットできるカジノゲームなのか、チップ購入の必要があるのかは、事前に確認しておく必要があるでしょう。 「ビットカジノ」はビットコイン専用のオンラインカジノ このビットコインとオンラインカジノの相性の良さに着目した、ビットコイン専門のオンラインカジノ「ビットカジノ」を紹介します。 他のオンラインカジノと違って、入出金方法はビットコインのみであることが最大の特徴で、PCサイトは日本語にも対応されています。 これは、あらかじめビットコインのウォレットを持っていれば、新しく電子マネー口座等を作る必要もありません。ビットコインの匿名性を利用しているため、本人確認書類なども不要で、従来のオンラインカジノよりも簡単に登録ができます。 遊べるゲームも、他のオンラインカジノに比べるとやや少ない印象を受けますが、人気のジャックポット式スロットや、人気のテーブルカジノゲームまで多様なゲームが用意されているので、ビットコインを多く持っていて、カジノゲームにも興味がある方は非常に始めやすいオンラインカジノとなっています。


ビットコインの使い方

ビットコインを使えるお店┃どれだけ普及しているか調べてみた!

bitcoin

ビットコインは、スマホやパソコンが有れば、誰でも自由に購入することができるようになり、今までは持っていない方が大半だったのに、ビットコインを所持して、更にビジネスや投資に使おうと言う流れが生まれてきました。 投資などは、より詳しい専門知識が必要になりますが、最近ではネットショッピングや電化製品店、オンラインゲームの決算方法などにも導入が進んでいます。 ビットコインで支払いができるお店は、どれくらいあるの? ここで気になるのは、いくらビットコインが便利な決算方法として広まっても、普段使っているい店などを使えなければ、いまいち便利とは思えないと思います。 そこで、ビットコインが支払いに使えるお店などを調べてみました。 まだまだ導入している店舗は、少ないですが今後もっと多くの商業施設などでもビットコインが使えるようになっていきそうです。 全国展開・大手ショップ ○「メガネスーパー」 眼鏡・コンタクト等の販売全国チェーン ○「ビックカメラ」 全国展開の家電量販店 ○ソフマップ 同じく、全国展開中の家電量販店 東京、大阪、愛知等、地域のお店でも導入中 全国展開ではないものの、地域のお店でもビットコインを支払い方法として使用できるお店は増えています。いつもよく行く、あのお店がもしかしたら、対応しているかもしれません。 【北海道】 ○北海道食材×ワイン GRANDE ワインと地元の食事が楽しめる飲食店 ○サンヴァレー 一人暮らし専用の賃貸アパート 【東京】 ○H.I.S. 大手旅行代理店(東京店) ○日比谷聘珍樓 中国・広東料理店 ○「アポロ商標特許事務所」 東京にある特許事務所 【大阪】 ○「HONEY&CRUNCH」 大阪を始めとする関西を中心に展開するフォトスタジオ ○layer1gfx graphic design 大阪のデザイン事務所 ○脱毛サロン Libre(リブレ) 南船場にある脱毛サロン 【愛知】 ○アイラボファクトリー iPhone修理センター iPhone専門の修理サービス ○株式会社スタヂオポートマン ブランディングとデザインのコンサルティング 【沖縄】 ○marine service SeaTraveler ダイビングショップ ○北からゆいまーる 本館 ベストハウス(別館でも使用可能) オンラインショップ 仮想の通貨という特性上、オンラインサービスでの決算方法には多くの企業が導入に乗り出しているようですね。 ○「DMM」 ゲーム・ネット通販・ビデオ等のオンラインサービス ○「CAMPFIRE」 クラウドファンディングサイト、ビットコインで投資ができる ○「チケットキャンプ」 チケット売買等のサービス ○コインギフト 商品券・ギフト券等の購入サービス ○Touch mall(タッチモール) 総合ネット通販サイト レートが日々変わってしまうので、ビットコインが使えるのは、まだまだインターネット上のサービスが主流となっていますが、今後、ビットコインや仮想通貨がもっと広まるようになれば、多くのお店で利用できるようになるかもしれませんね。


ビットコインの使い方

ビットコインを購入する前に準備しておくものとは?

bitcoin

最近、株よりも儲かるかもしれないと、購入者が増加している仮想通貨の一つ、ビットコイン。 では、物として実在しないビットコインはどこで、どうすれば購入できるのでしょか? ビットコインを購入する前に必要となる「ウォレット」、購入方法について紹介します。 ビットコインを購入するには何が必要? ビットコインを購入する前に、準備しておくものを紹介します。 ビットコインを購入するということは、ビットコインが展開しているネットワークの中に、飛び込むことになるので、ある程度の基本知識を理解しておきましょう。 ウォレットで購入準備をしよう! ウォレットとは、そのままの意味で「財布」のような枠割をする「口座」です。 購入したビットコインや、仮想通貨はこの「ウォレット(口座)」に保管されることになります。 ウォレットと一口に言っても、PCデスクトップ(PC上で保管)、ウェブウォレット(WEB上に保管)、モバイルウォレット(モバイル端末上に保管)などの、オンライン形式から、ペーパーウォレット(紙に印刷して保管)等の、オフライン上で保管する方法など、幾つかの種類が存在します。 主に、少額の金額を扱う場合は、どの端末でも保管状況を確認できるオンライン形式のウォレットが便利です。多額の投資などを行う場合は、紛失を防ぐためにペーパーウォレットなどがおすすめです。 ウォレットを所持するには、ウォレットサービスやウォレットアプリ等を利用して、所持・利用することができます。 ビットコインを購入できるところ ビットコインを購入するにはいくつかの方法があります。 最もポピュラーな方法は、「取引所・販売所」と呼ばれるところで、購入するスタイルです。ここでは、一般的な購入方法を紹介します。 取引所や販売所で購入する OTC(over the counter)取引を使う ビットコインATMを使う方法 取引所や販売所で購入する 多くのビットコイン所持している、利用者が使っている方法で、 ビットコインを売りたい人、買いたい人を仲介する中間機関のようなものです。 多くの場合、何らかの取引所・販売所にアカウント登録し、そこで購入手続きを行うことで、ビットコインを入手することができます。 OTC(over the counter)取引を使う 「OTC取引」とは、上記のような仲介機関を通さずに、ビットコインを持っているユーザー同士が、直接取引してビットコインの売買取引を行う方法です。 仲介手数料やその時のレートにとらわれずに、売買する価格や量を取引をする相手同士で決めることができるメリットがあります。 デメリットとして、信頼してビットコインの売買をできる相手がイない、この手法を悪用しているユーザーが少なからずいること、という点です。 この方法は初心者よりも、ビットコインに関しても深い知識をつけてから行うほうが懸命です。 ビットコインATMを使う方法 ビットコインATMは、ATMを使ってその時のレートでビットコインを直接購入するシステムです。 まだ導入台数が少なく、あまりお目にかかることができないので、 ATMを使おうと考えるなら、取引所等を利用するほうが、現在の状況では、安く早く購入することができるでしょう。 ビットコインを購入する場所や方法に合わせて、どこのウォレットサービスでウォレットを作りましょう。