ビットコインが分裂するってどういうこと?ハードフォーク問題を解説

2017年8月、ビットコインの分裂が起こると騒がれてビットコインの売り注文が殺到したり、価格が大きく変動するなどの一騒ぎがありました。

ビットコインは、物理的に存在しない仮想の通貨です。
このビットコインが分裂する、とはどういう意味なのでしょうか。それをこの記事では紹介します。

ビットコインの分裂とは、ブロックチェーンの分岐のこと

ビットコインの分裂と聞いてイメージするのは、ビスケットを叩いて割ったら2つになるかのように、一つだったものが、2つなどの複数に分かれるイメージを持っている方が多いと思います。

ビットコインの分裂とは、ビットコインを構成しているデータの集合体「ブロックチェーンが分岐」することを指す言葉なのです。

ブロックチェーンの分岐とは?

では、なぜブロックチェーンが分岐する必要があるのでしょうか。
そもそも、ブロックチェーンの分岐とはどういうものなのでしょうか。

これには、ブロックチェーンという仕組みそのものを、理解していく必要があります。
ブロックチェーンはビットコインで行われた取引をデータ化しているもので、10分毎に一つのブロックを作っています。そのブロックをチェーンのように繋いでデータを総合的に管理することで、ビットコインの保有数等が勝手に改竄されないように保存されています。

ブロックチェーンの分岐とは、このブロックをつなぐ鎖を分岐させて、新しいチェーンを作り出すことです。
ここで分岐されたブロックチェーンには、今までとは違うルールが適用されていて、もとのブロックチェーンと交わることはありません。

その新しいルールと過去のルールがなぜ、互換性がなく新しいものとして扱われるのか。
しれにはビットコインを管理しているわけではないものの、ビットコインの存続に大きく関わっている団体や企業、個人の思想が背景にあります。

ハードフォークの意図的な分裂から生まれた「ビットコインキャッシュ」

bitcoincash

2017年の8月に問題となった、ブロックチェーンの分岐は、意図的に行われたものと言われており、元のブロックチェーンから完全に分離しているとされています。
ハードは「互換性がない」、フォークは「分裂する」という意味で使われています。

ことの発端は、ビットコインの利用者が増え、ブロックチェーンのデータが膨大になりすぎた結果、その処理速度が限界になりそうになったこと。
それを解決するために、「Segwit(セグウェット)」と呼ばれる、新しい処理方法を考案し導入しようという提案が起きていましたが、それに、中国の大手マイニングプールを行っている団体「Bitmain」などが大きく反発。

そのまま、双方の意見は交わることなく、大きくビットコインは分裂し、「Segwit(セグウェット)」と呼ばれる処理方法を実装しなかった新しい流れが「ビットコインキャッシュ」として、新たな仮想通貨として誕生しました。

その後もビットコインの分裂を巡っては、様々な問題が残っており、
現在は大きな分裂は避けられていますが、今後も分裂する可能性がまだまだ残っています。

仮想通貨がなぜ分裂してしまうのかを見てみると,
ビットコインの根本のシステムが大きく影響しており、今後の仮想通貨の状況は誰にも予測できないものになっています。

便利に使える反面、このようなリスクが伴うこと、
ビットコインを利用するならばしておく必要があるでしょう。

仮想通貨ビットコインとは~世界を変える新しいお金~

最近、ニュースなどでも頻繁に取り上げられるようになった「仮想通貨」

仮想通貨の中でも、特に知名度が高く一般の方にも広く流通し始めているのが
「ビットコイン」と呼ばれる、仮想通貨です。

この記事では、これからの世界を変える新しい通貨として期待されている
「仮想通貨・ビットコイン」について紹介しています。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、その名の通り現実には存在しませんが、
インターネット上を通して金銭の取引等を行うことができる、分散型の暗号通貨です。

大奥の仮想通貨が「ピア・ツー・ピア技術」と呼ばれる手法を用いて世界に流通しています。
これは、誰かがどれだけこの通過を所有しているという従来の通貨の価値観ではなく、
誰かから誰かへビットコインが送金された、いくらのビットコインを受け取った、等のデータ情報のブロックを金銭データとして認識することで、金銭の取引に使用することができます。

銀行などの中央機関を通さずに、世界で共通のデータとして認識されるので、海外でも使用でき、換金などの手間がない等のメリットがあります。

デメリットは、まだ多くの人が「仮想通貨」に対しての知識が十分ではなく、
信用できる通貨としてまだ認識が広まりきっていないという点に加え、
仮想通貨の基本的な知識がなければ所持することも難しいという現状があります。

仮想通貨には、レート(為替)がある

仮想通貨には、現実の金銭の価値が為替で変わるのと同じように、仮想通貨の種類ごとにレート(為替)が存在します。

ビットコインになぜ為替が存在するのかというと、ビットコインは実在しない通貨であるとお伝えしましたが、世の中に流通しているその量には上限・制限があります。

ビットコインで例えるならば、市場に流通しているビットコインの量に対してビットコインがほしいと買い求める人が多ければ、ビットコインの価値は上がります。
逆に、求める人が少なく流通しているビットコインの量が飽和状態になれば、みんなが買いやすくなる価値まで落ちます。

このように、ビットコインも世界に流通する通貨である以上、
世の中の流れや需要と供給の関係に従って、その価値は変動していくものになります。
その他の要因で、その価値が大きく変動することもあります。

ビットコインとは?

「ビットコイン」とは、仮想通貨の中の通貨の種類の一つです。

ビットコイン=仮想通貨
と思っている方も多いかもしれませんが、仮想通貨には多様な種類が存在し、
それぞれに異なるレートやブロックチェーンを持っています。

bitcoin

その中でも、ビットコインは仮想通貨のパイオニアといっても過言ではない、
仮想通貨を代表する存在になっています。

ビットコインを所持するには、ビットコインの公式サイトやその手引を行う企業のサイトなどから口座を解説し、専用のウォレットを手に入れる必要があります。
ウォレットを作り、ビットコイン購入のために入金を行うことで、ビットコインを手にすることができます。

購入の取引や、引き出し可能等ビットコイン利用には様々な知識が必要になり、通常の銀行と同じように出金などには制約があります。
自らの意志で、新しい通貨の可能性を確かめたい、もっと金銭取引を自由に行いたい、と言う方にはこれからの時代の支払い方法として大きく活躍する可能性を秘めた、仮想通貨をもっと知ってみると良いかもしれません。