ビットコインを購入する前に必要なものを確認しておこう

bitcoin

最近、株よりも儲かるかもしれないと、購入者が増加している仮想通貨の一つ、ビットコイン。

では、物として実在しないビットコインはどこで、どうすれば購入できるのでしょか?
ビットコインを購入する前に必要となる「ウォレット」、購入方法について紹介します。

ビットコインを購入するには何が必要?

ビットコインを購入する前に、準備しておくものを紹介します。
ビットコインを購入するということは、ビットコインが展開しているネットワークの中に、飛び込むことになるので、ある程度の基本知識を理解しておきましょう。

ウォレットで購入準備をしよう!

ウォレットとは、そのままの意味で「財布」のような枠割をする「口座」です。
購入したビットコインや、仮想通貨はこの「ウォレット(口座)」に保管されることになります。

ウォレットと一口に言っても、PCデスクトップ(PC上で保管)、ウェブウォレット(WEB上に保管)、モバイルウォレット(モバイル端末上に保管)などの、オンライン形式から、ペーパーウォレット(紙に印刷して保管)等の、オフライン上で保管する方法など、幾つかの種類が存在します。

主に、少額の金額を扱う場合は、どの端末でも保管状況を確認できるオンライン形式のウォレットが便利です。多額の投資などを行う場合は、紛失を防ぐためにペーパーウォレットなどがおすすめです。

ウォレットを所持するには、ウォレットサービスやウォレットアプリ等を利用して、所持・利用することができます。

ビットコインを購入できるところ

bitcoin

ビットコインを購入するにはいくつかの方法があります。
最もポピュラーな方法は、「取引所・販売所」と呼ばれるところで、購入するスタイルです。ここでは、一般的な購入方法を紹介します。

  • 取引所や販売所で購入する
  • OTC(over the counter)取引を使う
  • ビットコインATMを使う方法

取引所や販売所で購入する

多くのビットコイン所持している、利用者が使っている方法で、
ビットコインを売りたい人、買いたい人を仲介する中間機関のようなものです。

多くの場合、何らかの取引所・販売所にアカウント登録し、そこで購入手続きを行うことで、ビットコインを入手することができます。

OTC(over the counter)取引を使う

「OTC取引」とは、上記のような仲介機関を通さずに、ビットコインを持っているユーザー同士が、直接取引してビットコインの売買取引を行う方法です。

仲介手数料やその時のレートにとらわれずに、売買する価格や量を取引をする相手同士で決めることができるメリットがあります。

デメリットとして、信頼してビットコインの売買をできる相手がイない、この手法を悪用しているユーザーが少なからずいること、という点です。
この方法は初心者よりも、ビットコインに関しても深い知識をつけてから行うほうが懸命です。

ビットコインATMを使う方法

ビットコインATMは、ATMを使ってその時のレートでビットコインを直接購入するシステムです。

まだ導入台数が少なく、あまりお目にかかることができないので、
ATMを使おうと考えるなら、取引所等を利用するほうが、現在の状況では、安く早く購入することができるでしょう。

ビットコインを購入する場所や方法に合わせて、どこのウォレットサービスでウォレットを作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です