ビットコインが分裂するってどういうこと?ハードフォーク問題を解説

bitcoin

2017年8月、ビットコインの分裂が起こると騒がれてビットコインの売り注文が殺到したり、価格が大きく変動するなどの一騒ぎがありました。

ビットコインは、物理的に存在しない仮想の通貨です。
このビットコインが分裂する、とはどういう意味なのでしょうか。それをこの記事では紹介します。

ビットコインの分裂とは、ブロックチェーンの分岐のこと

ビットコインの分裂と聞いてイメージするのは、ビスケットを叩いて割ったら2つになるかのように、一つだったものが、2つなどの複数に分かれるイメージを持っている方が多いと思います。

ビットコインの分裂とは、ビットコインを構成しているデータの集合体「ブロックチェーンが分岐」することを指す言葉なのです。

ブロックチェーンの分岐とは?

では、なぜブロックチェーンが分岐する必要があるのでしょうか。
そもそも、ブロックチェーンの分岐とはどういうものなのでしょうか。

これには、ブロックチェーンという仕組みそのものを、理解していく必要があります。
ブロックチェーンはビットコインで行われた取引をデータ化しているもので、10分毎に一つのブロックを作っています。そのブロックをチェーンのように繋いでデータを総合的に管理することで、ビットコインの保有数等が勝手に改竄されないように保存されています。

ブロックチェーンの分岐とは、このブロックをつなぐ鎖を分岐させて、新しいチェーンを作り出すことです。
ここで分岐されたブロックチェーンには、今までとは違うルールが適用されていて、もとのブロックチェーンと交わることはありません。

その新しいルールと過去のルールがなぜ、互換性がなく新しいものとして扱われるのか。
しれにはビットコインを管理しているわけではないものの、ビットコインの存続に大きく関わっている団体や企業、個人の思想が背景にあります。

ハードフォークの意図的な分裂から生まれた「ビットコインキャッシュ」

bitcoincash

2017年の8月に問題となった、ブロックチェーンの分岐は、意図的に行われたものと言われており、元のブロックチェーンから完全に分離しているとされています。
ハードは「互換性がない」、フォークは「分裂する」という意味で使われています。

ことの発端は、ビットコインの利用者が増え、ブロックチェーンのデータが膨大になりすぎた結果、その処理速度が限界になりそうになったこと。
それを解決するために、「Segwit(セグウェット)」と呼ばれる、新しい処理方法を考案し導入しようという提案が起きていましたが、それに、中国の大手マイニングプールを行っている団体「Bitmain」などが大きく反発。

そのまま、双方の意見は交わることなく、大きくビットコインは分裂し、「Segwit(セグウェット)」と呼ばれる処理方法を実装しなかった新しい流れが「ビットコインキャッシュ」として、新たな仮想通貨として誕生しました。

その後もビットコインの分裂を巡っては、様々な問題が残っており、
現在は大きな分裂は避けられていますが、今後も分裂する可能性がまだまだ残っています。

仮想通貨がなぜ分裂してしまうのかを見てみると,
ビットコインの根本のシステムが大きく影響しており、今後の仮想通貨の状況は誰にも予測できないものになっています。

便利に使える反面、このようなリスクが伴うこと、
ビットコインを利用するならばしておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です