仮想通貨ビットコインとは~世界を変える新しいお金~

bitcoin1

最近、ニュースなどでも頻繁に取り上げられるようになった「仮想通貨」

仮想通貨の中でも、特に知名度が高く一般の方にも広く流通し始めているのが
「ビットコイン」と呼ばれる、仮想通貨です。

この記事では、これからの世界を変える新しい通貨として期待されている
「仮想通貨・ビットコイン」について紹介しています。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、その名の通り現実には存在しませんが、
インターネット上を通して金銭の取引等を行うことができる、分散型の暗号通貨です。

大奥の仮想通貨が「ピア・ツー・ピア技術」と呼ばれる手法を用いて世界に流通しています。
これは、誰かがどれだけこの通過を所有しているという従来の通貨の価値観ではなく、
誰かから誰かへビットコインが送金された、いくらのビットコインを受け取った、等のデータ情報のブロックを金銭データとして認識することで、金銭の取引に使用することができます。

銀行などの中央機関を通さずに、世界で共通のデータとして認識されるので、海外でも使用でき、換金などの手間がない等のメリットがあります。

デメリットは、まだ多くの人が「仮想通貨」に対しての知識が十分ではなく、
信用できる通貨としてまだ認識が広まりきっていないという点に加え、
仮想通貨の基本的な知識がなければ所持することも難しいという現状があります。

仮想通貨には、レート(為替)がある

仮想通貨には、現実の金銭の価値が為替で変わるのと同じように、仮想通貨の種類ごとにレート(為替)が存在します。

ビットコインになぜ為替が存在するのかというと、ビットコインは実在しない通貨であるとお伝えしましたが、世の中に流通しているその量には上限・制限があります。

ビットコインで例えるならば、市場に流通しているビットコインの量に対してビットコインがほしいと買い求める人が多ければ、ビットコインの価値は上がります。
逆に、求める人が少なく流通しているビットコインの量が飽和状態になれば、みんなが買いやすくなる価値まで落ちます。

このように、ビットコインも世界に流通する通貨である以上、
世の中の流れや需要と供給の関係に従って、その価値は変動していくものになります。
その他の要因で、その価値が大きく変動することもあります。

ビットコインとは?

「ビットコイン」とは、仮想通貨の中の通貨の種類の一つです。

ビットコイン=仮想通貨
と思っている方も多いかもしれませんが、仮想通貨には多様な種類が存在し、
それぞれに異なるレートやブロックチェーンを持っています。

bitcoin

その中でも、ビットコインは仮想通貨のパイオニアといっても過言ではない、
仮想通貨を代表する存在になっています。

ビットコインを所持するには、ビットコインの公式サイトやその手引を行う企業のサイトなどから口座を解説し、専用のウォレットを手に入れる必要があります。
ウォレットを作り、ビットコイン購入のために入金を行うことで、ビットコインを手にすることができます。

購入の取引や、引き出し可能等ビットコイン利用には様々な知識が必要になり、通常の銀行と同じように出金などには制約があります。
自らの意志で、新しい通貨の可能性を確かめたい、もっと金銭取引を自由に行いたい、と言う方にはこれからの時代の支払い方法として大きく活躍する可能性を秘めた、仮想通貨をもっと知ってみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です